「選挙は白紙」と群馬知事 来夏任期満了、予算に集中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大沢正明・群馬県知事

 群馬県の大沢正明知事は7日の定例記者会見で、来夏に実施予定の知事選に関する自身の進退について「今のところ選挙は白紙だ」と述べた。

 知事選には自民党の山本一太参院政審会長が出馬を検討していると明らかにしている。大沢氏は山本氏の動向を「私から意見はない」と述べるにとどめ、当面は来年度の予算編成に集中したいと強調した。

 大沢氏は現在3期目で、来年7月に任期満了。自民党群馬県連内には大沢氏と県連会長を務める山本氏の双方を推す声がある。