米中間選挙、最年少女性が当選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 6日の米中間選挙では、多様な立場から有権者に支持を訴えた候補が大きな注目を集めた。史上最年少やイスラム教徒の女性、同性愛者と公表した候補が勝利する一方、期待の「新星」は敗北。人気歌手の応援を受けた候補も当選に届かなかった。

 東部ニューヨーク州下院選では民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏(29)が勝利、女性で史上最年少の下院議員になることが決まった。当初は無名候補だったがプエルトリコ系の庶民派をアピール、党予備選で大物議員を破り、一躍「時の人」となった。