米朝首脳会談は「来年早々」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との再会談時期について「来年早々になるだろう」との見通しを示した。米国が目指す完全非核化を「全く急いでいない」と重ねて言及した。

 米朝交渉を巡ってはニューヨークで8日に予定されていたポンペオ国務長官と金氏の最側近、金英哲党副委員長の会談が直前に延期。制裁解除を求める北朝鮮との対立が解けていないことが背景にあるとみられるが、トランプ氏は制裁を維持する姿勢をあらためて示した。