菊池投手は「需要とてもある」 代理人のボラス氏

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【カールズバッド(米カリフォルニア州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが集まるゼネラルマネジャー会議は7日、カリフォルニア州カールズバッドで2日目が行われ、プロ野球西武からポスティングシステムによるメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)の代理人を務めるスコット・ボラス氏が「需要はとてもあると思っている」と見通しを語った。

 かつて松坂大輔投手(中日)がレッドソックス入りした際に大型契約をまとめた実績を誇る大物代理人のボラス氏は「左腕は貴重で(菊池は)メジャーの大半の投手よりも球速は上。どのレベルの球団にもフィットする」と魅力を力説した。