過去最長の裁判員裁判に判決

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 過去最長の裁判員裁判となった殺人や逮捕監禁致死事件で、判決が言い渡された神戸地裁姫路支部の法廷=8日午後(代表撮影)

 元暴力団員の男性ら3人の死亡に関与したとして殺人2件と逮捕監禁致死の罪に問われた韓国籍で無職陳春根被告(47)の裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部は8日、「計画性があり、冷酷な犯行だ」として無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。1件の殺人罪を無罪と判断。初公判からの実審理期間は207日で過去最長の裁判員裁判となった。

 木山暢郎裁判長は「配下を利用し、自らは手を汚さずに発覚防止策も準備した」と認定。一方、2010年に広告会社役員の男性を殺害したとする起訴内容について、客観的証拠がなく「殺害行為に及ぶ前に死亡した可能性も否定できない」と述べて無罪とした。