東海再処理施設で放射性物質による汚染

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本原子力研究開発機構は8日、東海再処理施設(茨城県東海村)のプルトニウム転換技術開発施設で、放射性物質による汚染を確認したと発表した。国が報告を求める基準値を下回り、作業員の汚染被害はなかった。