報徳・小園内野手が広島入団合意 「最高の評価に満足」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 広島との入団交渉に臨む報徳学園高の小園海斗内野手(奥中央)=9日午後、神戸市

 広島がドラフト1位指名した兵庫・報徳学園高の小園海斗内野手(18)=178センチ、83キロ、右投げ左打ち=の入団が9日、決まった。神戸市内で交渉し、契約金1億円プラス出来高払い、年俸800万円で合意し「最高の評価をしてもらって満足。日本を代表するショートになれるように頑張りたい」と意気込んだ。

 ドラフト会議で4球団が競合した小園は走攻守のそろった遊撃手で、次世代のレギュラーとして大きな期待がかかる。ゴールデングラブ賞の獲得を目標に掲げ「そこで選ばれる選手になりたい」と力強く語った。(金額は推定)