NY原油、一時60ドル割れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク原油先物相場は10営業日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しが前日比0・48ドル安の1バレル=60・19ドルと、3月上旬以来、約8カ月ぶりの安値で取引を終えた。ロイター通信によると、10日続落は1984年以来、34年ぶり。一時、1バレル=59・26ドルまで下げ、3月上旬以来、約8カ月ぶりに60ドルを割り込んだ。10月上旬の高値から2割超下落した。

 9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均も5営業日ぶりに反落し、前日比201・92ドル安の2万5989・30ドルで取引を終えた。