英閣外相が首相方針に抗議の辞任 EU離脱交渉巡り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 英ロンドンの首相官邸を訪れたジョンソン運輸担当閣外相=1月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国のジョンソン運輸担当閣外相は9日、欧州連合(EU)からの離脱交渉を巡るメイ首相の方針は誤りだと抗議し、辞任した。主要閣僚ではないものの、EUとの交渉が大詰めを迎える中での政権幹部辞任で、メイ氏の今後のかじ取りに「深刻な影響」(BBC放送)を及ぼす恐れもありそうだ。

 ジョンソン氏は辞表の中で、メイ氏がEUと協議中の妥協案について、英国がEUのルールに従い続ける一方、自らの意見を訴える権利がないなどとして「ひどい誤り」だと批判。「約束されていた内容とはほど遠い」として、国民投票を再び実施して民意を問うべきだと訴えた。