仏機の都心低空飛行、原因はルート未設定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 羽田空港を離陸したエールフランス機が本来のルートを外れ、東京都心上空を低空飛行したトラブルで、同社が、パイロットが経路設定機能をセットしていなかったことが原因と報告したことが10日、国土交通省への取材で分かった。