北朝鮮、核実験場で清掃作業 米サイト分析

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は9日、10月31日撮影の商業衛星写真を分析した結果として、北朝鮮が「完全廃棄」したと発表した北東部豊渓里の核実験場で小規模な清掃作業が行われていると発表した。

 同サイトは、5月に坑道などを爆破した際のがれきや倒木を取り除く作業の可能性があると分析している。北朝鮮は10月上旬、廃棄措置を検証する査察官を受け入れると米側に伝達。同月末には韓国の情報機関が、検証受け入れの準備とみられる動きが確認されたとの見方を示した。