エール機低空飛行、原因を報告 都心上空、「ルート未設定」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 羽田空港を離陸したエールフランス機が本来のルートを外れ、東京都心上空を低空飛行したトラブルの原因について、同社が、パイロットが水平方向の経路を設定する機能をセットしていなかったためとする報告書を国土交通省に提出したことが10日、分かった。

 国交省によると、機能をセットしていれば、離陸後、右に旋回するようモニターで指示される。報告書では、パイロットは出発前にセットせず、パイロット同士での確認もしていなかった。モニターではまっすぐ飛ぶよう示され、異変に気付いた管制官から指示されるまで、旋回が遅れたと説明しているという。