米中、軍衝突回避の枠組みを模索 対立が激化、信頼醸成で一致

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米国防総省で中国の魏鳳和国務委員兼国防相(右)を迎えるマティス国防長官=9日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】マティス米国防長官は9日、ワシントンで開催された米中外交・安全保障対話後の共同記者会見で、米中両軍の衝突回避と意思疎通の枠組みづくりを進めていると明らかにした。両国の対立激化を受けて、米中両軍が南シナ海などで双方の意図の読み違えにより不測の事態を引き起こす危険性が指摘されており、対話では信頼醸成を図る必要性で一致した。

 米国防総省や中国国防省によると、マティス氏は魏鳳和国務委員兼国防相と9日の対話後に改めて会談、軍同士の関係構築が米中関係安定の基盤だとの認識で一致した。