伊達議長、来夏の参院選不出馬へ 近く表明、政界引退見通し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 伊達忠一参院議長

 伊達忠一参院議長(79)が、来年夏の参院選北海道選挙区(改選数3)に出馬しない意向を周囲に伝えていたことが10日、自民党関係者への取材で分かった。12日にも後援会の役員会を開き、正式表明する見通し。事実上の政界引退となる。伊達氏は取材に「どうするかは役員会で決めたい」と話した。

 伊達氏は01年の参院選で初当選し、現在3期目。内閣府副大臣などを経て、16年8月から参院議長を務めている。

 自民党道連は来夏の参院選北海道選挙区で2人の当選を目指し、選考委員会を設けて公募し、伊達氏も応募。だが、道連内では選挙時に80歳であることなどを理由に引退を求める声もある。