児童文学作家の森比左志さん死去 「はらぺこあおむし」訳者

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 児童文学作家で、絵本「はらぺこあおむし」の翻訳などを手掛けた森比左志(もり・ひさし、本名森久保仙太郎=もりくぼ・せんたろう)さんが9日午前0時、心筋梗塞のため自宅で死去した。101歳。相模原市出身。葬儀・告別式は14日午後0時半から、東京都中野区中央2の33の3、宝仙寺で。喪主は未定。

 小学校や大学の教員の傍ら、絵本の創作や翻訳を手掛けた。「こぐまちゃんえほん」シリーズの共同制作者の一人で、歌人、教育評論家としても活動した。