共通テ、知識活用力重視が鮮明に 国語記述式は答えやすく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大学入学共通テストの本番を想定したリハーサルで、問題を配る大学関係者=10日午前、東京都目黒区の東大駒場キャンパス

 大学入試センターは10日、2020年度からセンター試験の後継となる大学入学共通テストに向けた試行調査で同日実施した国語と英語、地理歴史・公民の問題と正解を公表した。知識だけでなく活用力を重視する傾向が鮮明になる一方、表現力を見る国語の記述式は、昨年の初回試行調査の低正答率を踏まえ、答えやすくする難易度調整も行った。英語では実践力を測る出題が目立った。

 試行調査は昨年11月に続き2回目で、今回が本番を想定し高校生が参加する最後のリハーサルとなる。センターの担当者は出題について「大学で学ぶのにどんな基礎力を問うかの狙いを明確にした」と話した。