自民福井、経産政務官公認申請へ 来夏の参院選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 執行部会後、取材に応じる滝波宏文氏=10日午後、福井市

 自民党福井県連は10日の執行部会で、来年夏の参院選福井選挙区(改選数1)を巡り、経済産業政務官で現職滝波宏文氏(47)の公認を党本部へ申請するかどうかを、県連幹部に一任すると決めた。昨年12月の県連大会で会長の選出方法に反発した滝波氏の対応を疑問視する声が内部から上がり、手続きが進んでいない。山崎正昭会長は申請する方向で検討する。

 滝波氏は既に公認申請願を県連に提出している。出席者によると、執行部会に出席した滝波氏は反省と謝罪の意向を表明したという。