米中首脳、朝鮮半島非核化へ努力 大きな進展と認識共有

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ブエノスアイレス共同】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日の会談で、「核なき朝鮮半島」の実現へ北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と共に努力することで一致した。米ホワイトハウスが発表した。

 両首脳は、北朝鮮の核問題の解決に向け大きな進展があったとの認識を共有。トランプ氏は金氏への友情と敬意も表明した。

 会談後に記者会見した中国の王毅国務委員兼外相によると、中国側は米朝首脳会談の実施を支持すると強調。米側は核問題解決に向けた中国の役割を称賛し、今後も中国との意思疎通を維持したいとの意向を示した。