ジャンプ伊藤9位、高梨11位 W杯女子個人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 9位に入った伊藤有希=リレハンメル(共同)

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は2日、リレハンメルで個人第3戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、伊藤有希(土屋ホーム)が119・5メートル、123・5メートルの212・0点で日本勢最高の9位に入った。平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)は117・5メートル、124メートルの合計210・1点で11位だった。

 カタリナ・アルトハウス(ドイツ)が2回目に最長不倒の139・5メートルを飛び、合計254・0点で今季初勝利、通算5勝目を挙げた。