東京円、113円台後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け3日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=113円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比09銭円安ドル高の1ドル=113円55~56銭。ユーロは38銭円高ユーロ安の1ユーロ=128円74~75銭。

 米中首脳会談で中国に対する追加関税がいったん先送りされることが決まり、リスク回避姿勢が後退。円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「米中関係はとりあえず最悪の事態は免れたが、問題が解決されたわけではなく、投資家の懸念は拭えていない」(外為ブローカー)との声が出ていた。