東名あおり事故、危険運転と監禁の罪争う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 神奈川県の東名高速あおり死亡事故で、自動車運転処罰法の危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)の横浜地裁の裁判員裁判初公判で、弁護側は3日、危険運転致死傷罪と、予備的訴因の監禁致死傷罪の成立を争う方針を示した。