金華山ごみ不法投棄に略式命令 神社や宮司、灯籠捨てる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 宮城県石巻市の離島金華山で大量のごみが不法投棄された事件で、仙台区検は3日、廃棄物処理法違反の罪で同島の宗教法人黄金山神社と奥海聖宮司(66)、日野篤志元職員(43)を略式起訴した。神社や奥海宮司、日野元職員は仙台簡裁からそれぞれ罰金100万~30万円の略式命令を受け、いずれも納付した。

 起訴状によると、奥海宮司らは共謀し、昨年10月16~18日、鉄製の灯籠計約1・9トンを神社の敷地内に捨てたとしている。