パリ市、デモの被害5億円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2日、パリの凱旋門近くに放置された焼け焦げた車(AP=共同)

 【パリ共同】パリで燃料税引き上げに抗議する1日のデモに伴い破壊や略奪が多発したことに関し、パリ市は3日、バス停など街頭設備の損壊だけで被害額は計300万~400万ユーロ(約3億8千万~約5億1千万円)に上るとの推定を明らかにした。ニュース専門テレビBFM電子版が伝えた。

 11月24日にシャンゼリゼ大通りで起きた大規模な衝突の際の被害に比べ、3~4倍に及ぶとみている。内部が破壊されるなどした凱旋門や略奪も行われた店舗、放火された路上の車などの被害は含んでいないという。