関空、にぎわい取り戻す 台風被害から3カ月

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 多くの旅行者らでにぎわう関西空港の第1ターミナルビル=4日午前

 台風21号の高波による浸水と連絡橋へのタンカー衝突で関西空港が一時孤立してから、4日で3カ月となった。連絡橋や貨物地区の建物の復旧工事は続いているが、空港ターミナルは国内線、国際線ともに多くの旅行者らでにぎわい、西日本の空の玄関口として本来の姿を取り戻している。

 停電や天井からの水漏れなどの被害があった第1ターミナルビルでは連日、ゲームやアニメで世界的人気の「ポケットモンスター」の人形が並ぶエリアで多くの旅行客が記念撮影。キャリーケースに化粧品などのお土産を詰め込んだ人たちであふれる。