作曲家の大中恩さんが死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去した大中恩さん

 「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などの童謡で知られる作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)さんが3日午後9時40分、菌血症のため東京都港区の老人ホームで死去した。94歳。東京都出身。葬儀は8日正午から東京都港区赤坂1の14の3、霊南坂教会で。喪主は妻でソプラノ歌手の北原聖子(きたはら・せいこ、本名大中清子=おおなか・せいこ)さん。

 東京音楽学校(現東京芸術大)作曲科を卒業。作曲家の中田喜直さんらと作曲家集団「ろばの会」を結成し「サッちゃん」や「いぬのおまわりさん」など子どものための歌を多く作曲した。

 父は「椰子の実」の作曲家でオルガン奏者の大中寅二さん。