王座陥落の村田諒太、現役続行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 現役続行を表明する、WBAミドル級王座から陥落した村田諒太=4日、東京都新宿区の帝拳ジム

 10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座から陥落した村田諒太(32)=帝拳=が4日、東京都内で記者会見し、現役続行を表明した。「人生を振り返る時にあの試合が集大成でいいのかと考えた。もう一度世界の舞台に立てるボクサーになりたい。このまま終われない」と語った。

 村田は米ネバダ州ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に大差の判定負け。「終わった後は98パーセントぐらい、ほぼやめようと思った。自分のボクシングが情けないと思った」と明かした。周囲と相談し、徐々に再起への思いが強まったという。