山手線新駅「高輪ゲートウェイ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新駅「高輪ゲートウェイ」のイメージ(JR東日本提供)

 JR東日本は4日、山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設中で2020年春に山手線の30番目の駅として暫定開業する新駅の名称を「高輪ゲートウェイ」に決めたと発表した。今年6月に一般公募した結果、約6万4千件、約1万3千種類の応募があり、「高輪」が8398件で1位だった。「高輪ゲートウェイ」は36件で130位だった。

 付近は東海道の宿場町、品川に近く、街道沿いの町として栄えた歴史を持つ。27年開業予定のリニア中央新幹線が発着する品川駅や羽田空港に近い立地で、今後も東京の交通の重要拠点になると見込まれ、玄関口を意味する「ゲートウェイ」を盛り込んだ駅名になった。