睡眠導入剤混入事件、殺人罪の成立認定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 睡眠導入剤混入事件の判決で、千葉地裁は「ひそかに導入剤を摂取させることで被害者が交通事故を起こす可能性があると認識していた」と指摘し、争点だった殺意を認定して殺人や殺人未遂の罪が成立すると判断した。