10連休法案、7日にも成立 参院内閣委6日に採決

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 参院内閣委員会は4日の理事会で、皇太子さまが新天皇に即位される来年5月1日と、即位を内外に示す中心儀式「即位礼正殿の儀」が実施される10月22日を祝日とする特別法案を6日の委員会で質疑し、採決する日程を決めた。7日にも参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 祝日法の規定により来年は4月27日から5月6日まで10連休となる。

 同法案は4日の衆院本会議で、共産党を除く与野党の賛成多数により可決され、参院に送付された。6日の参院内閣委では、趣旨説明に続いて各党による質疑が行われた後、採決する予定だ。