三菱電機子会社、ゴム検査不正

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トーカンのゴム製品に不正があり、記者会見で謝罪する松岡達雄社長(中央)ら=4日午後、東京都中央区

 三菱電機の完全子会社トーカン(千葉県松戸市)は4日、新幹線を含む鉄道車両やエスカレーターに使われる253種のゴム製品で、品質に関する検査を省略するなどの不正があったと発表した。顧客との契約に違反して仕様が不適合なまま出荷していた。不正があった製品の性能を点検し、安全性は確認できたとしている。1月末に不正を把握したが、顧客への個別対応を優先し、これまで公表していなかった。

 昨年12月には新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかり、その後に製造元の川崎重工業が不正に鋼材を削って強度が不足していたことが発覚。相次ぐ問題で国内製造業の信頼は一段と低下しそうだ。