巨人の沢村、2850万円減 目標は胴上げ投手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 契約更改交渉を終え、記者会見する巨人の沢村拓一投手=4日、東京都内の球団事務所

 巨人の沢村拓一投手が4日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉し、2850万円減の年俸1億2150万円でサインした。今季は49試合で1勝6敗、防御率4・64。2016年にセーブ王に輝いており「クローザーに戻って勝負したい。来年、優勝の瞬間にマウンドで胴上げ投手になることが目標」と語った。

 宮国椋丞投手は240万円増の2640万円で、中川皓太投手は340万円増の1900万円で、田原誠次投手は1度目の交渉で保留した提示額と同じ現状維持の3600万円で更改した。(金額は推定)