米、INF破棄で最後通告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 4日、ブリュッセルで記者会見するポンペオ米国務長官(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】ポンペオ米国務長官は4日、トランプ大統領が破棄方針を表明した米国とロシアの中距離核戦力(INF)廃棄条約について、ロシアが条約を守らなければ米国は同日から60日以内に条約履行をやめると述べ、ロシアに最後通告を突き付けた。北大西洋条約機構(NATO)外相理事会が開かれているブリュッセルでの記者会見で語った。

 NATO側はロシアによる核弾頭搭載可能な地上発射型巡航ミサイルの開発、配備を条約違反だと非難した。ロシア外務省は「条約を順守している」と反論した。ロシアがこれを廃棄する可能性は低く、新型核ミサイル問題は新たな段階を迎えた。