あおり事故、被告「申し訳ない」 東名高速夫婦死亡、横浜地裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 石橋和歩被告

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受け無理やり停車させられた夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の横浜地裁(深沢茂之裁判長)の裁判員裁判で5日、被告人質問が行われた。石橋被告は前方を向いたまま小声で「こういう事故を起こして申し訳ないことをしたと思います。本当にすいませんでした」と述べた。

 弁護側の質問から開始。石橋被告は現場直前のパーキングエリアで駐車方法を注意されたことに「かちんときた。むかついて追い掛けた」と話した。