政府、宇宙やサイバー重点投資 最先端の防衛技術、新大綱明記へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府は5日、有識者による「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・三村明夫日本商工会議所会頭)の会合を首相官邸で開いた。年内に策定する新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に、宇宙やサイバー、電磁波といった新たな領域や、最先端の防衛技術に「重点投資する」との方針を明記した「要素案」を示した。

 日本を取り巻く安全保障環境について「格段に速いスピードで厳しさと不確実性を増大している」と指摘。対応するため「従来と異なる速度で防衛力を強化する」とし、新領域の防衛力も「獲得・強化する」と掲げた。