南太平洋でM7・5の地震 ニューカレドニア沖

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のフランス特別自治体ニューカレドニア沖で5日午後3時18分(日本時間同1時18分)ごろ、マグニチュード(M)7・5の地震があった。

 米ハワイの太平洋津波警報センターはニューカレドニアやバヌアツの沿岸部で津波の恐れがあるとしている。

 震源はニューカレドニアのタディーヌの東南東約168キロで、深さは10キロ。数分前にはほぼ同じ海域を震源とするM6・0の地震があった。