東京五輪、ラグビー競技時間変更 暑さ対策、自転車も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東京五輪の合同会議を終え、記者会見するIOCのコーツ調整委員長(左)と大会組織委の森喜朗会長=5日午後、東京都内

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、五輪の暑さ対策としてラグビー7人制と自転車マウンテンバイクの競技時間を見直すと発表した。マラソンの開始時刻は国際陸上競技連盟の手続きを待って年内に確定する見通し。

 組織委の森喜朗会長は5日の国際オリンピック委員会調整委員会との合同会議後に記者会見し、午前からと夕方からの2部制で実施するラグビー7人制について現計画で午後1時半から2時としている午前の部の終了時刻を、正午に繰り上げると説明した。開始はすべての日で午前9時に前倒しする。

 一方、自転車マウンテンバイクは開始を1時間遅らせて午後3時とする。