女子野球、日本はランク1位維持 カナダ2位、3位に台湾浮上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子野球W杯で6連覇を達成し、笑顔で記念写真に納まる日本代表=8月31日、ビエラ(ゲッティ=共同)

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は5日、女子野球の最新世界ランキングを発表し、8月に米フロリダ州で行われたワールドカップ(W杯)で6連覇を達成した日本が1位を維持した。2位はカナダで変わらず、W杯で準優勝した台湾が3位に浮上。米国は3位から4位に下がった。(共同)