与党、入管法改正案の7日成立方針固める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 与党は5日、入管難民法改正案を審議する6日の参院法務委員会への首相出席が正式決定したことを踏まえ、採決環境が整ったと判断。委員会可決を経て、7日の本会議で成立させる方針を固めた。