順天堂大入試「不適切」指摘 第三者委、女子に不利な運用か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東京都文京区の順天堂大学

 医学部の不正入試問題で、順天堂大が設置した第三者委員会(委員長、吉岡桂輔弁護士)が、過去の医学部一般入試の運用について「不適切」と指摘する調査報告書をまとめていたことが6日、関係者への取材で分かった。女子に不利な入試運用が行われていた疑惑が浮上しており、こうした点を厳しく評価したとみられる。

 順大は週明けに指摘内容の詳細と大学としての見解を公表し、不利益を受けた受験生への対応策も明らかにする。女子や長期浪人生を合格しにくくする得点操作が発覚した東京医科大に続き、「差別」との批判を呼びそうだ。

 順大は、第三者委を10月に設置し、今月3日に報告書を受領した。