ロコ・ソラーレが初戦白星 カーリングW杯、1次リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 カーリングのワールドカップ(W杯)第2戦が5日、米ネブラスカ州オマハで開幕して1次リーグが行われ、女子B組で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレで臨む日本は、スウェーデンを6―5で破って初戦を飾った。最終第8エンドに3点を挙げて逆転した。

 男子B組でコンサドーレの日本はスウェーデンに4―7で敗れて黒星発進。第4エンドの5失点が響いた。

 1次リーグは8チームが2組に分かれて2回戦総当たりで争い、各組1位が決勝に進む。(共同)