非弁活動で弁護士ら3人在宅起訴

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 高砂あゆみ弁護士、古川信博弁護士(事務所ホームページから)

 弁護士資格がない事務員の非弁行為に関与したとして大阪地検特捜部は6日、弁護士法違反の罪で弁護士法人「あゆみ共同法律事務所」(東京)の高砂あゆみ弁護士(33)=大阪市東成区=と古川信博弁護士(31)=大阪府東大阪市、経営コンサルタント会社「HIROKEN」(東京)の山本健二元役員(34)=東京都目黒区=を在宅起訴した。

 また弁護士法人と、法人としてのHIROKENも起訴した。

 関係者によると、HIROKENは弁護士資格のない従業員をあゆみ共同法律事務所の事務員として派遣し、顧客の債務整理をさせていた。特捜部は山本被告が非弁行為を主導したとみているもようだ。