イランで自爆テロ3人死亡 南東部の警察施設近く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 6日、イラン南東部チャバハルで、爆発現場を調べる当局者ら(ゲッティ=共同)

 【テヘラン共同】国営イラン放送などによると、イラン南東部チャバハルの警察施設近くで6日、車両に積まれた爆弾が爆発し、3人が死亡、複数が負傷した。爆発の後、銃撃音が聞こえた。治安当局は自爆テロとみて調べている。

 地元当局者によると、警察施設の敷地のゲートで、担当者が車両を止めさせたところ犯人が爆弾を爆発させたという。死者に犯人が含まれているかは不明。タスニム通信によると、死傷者には市民が含まれているという。

 イランでは9月22日、南西部アフワズで軍事パレードを狙った銃撃テロが発生し、革命防衛隊の隊員を含む25人が死亡し、多数が負傷した。