障害者雇用の役員ら逮捕、岡山

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 障害者の就労支援に関する給付費の債権譲渡代金約1250万円をだまし取ったとして、岡山県警は6日、詐欺の疑いで、障害者が働きながら技能を身に付ける事業所を運営していた「フィル」(岡山県倉敷市)の役員岡本健治容疑者(52)と妻で元従業員の玲子容疑者(45)=いずれも岡山市北区=を逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。

 フィルが運営していたのは「就労継続支援A型事業所」。