受刑者脱走の寮、月内再開 松山刑務所、再発防止工事完了で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 受刑者が生活する松山刑務所大井造船作業場の寮=4月、愛媛県今治市

 塀のない開放的矯正施設として知られる松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)の寮が12月下旬に再開されることが7日、関係者への取材で分かった。4月の受刑者脱走事件を受け、再発防止の工事が進められていた。

 事件は4月8日に発生。平尾龍磨受刑者(27)=逃走罪などで懲役4年の有罪判決確定=が5階建て寮の1階廊下の窓から逃げた。

 工事では脱走があってもすぐに分かるように、寮の壁に赤外線センサーを設置。窓は人が通り抜けられない幅しか開かなくなった。

 受刑者の作業場での活動は6月に再開されたが、寮では寝泊まりせず、今治拘置支所(今治市)などからバスで通っている。