NISA、18歳から可能に 成人年齢下げ、税制対応

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
つみたてNISAの口座開設申し込みを受け付ける野村証券本店=2017年10月、東京都中央区

 政府、与党は8日、民法の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられるのに伴い、関連税制を見直す方針を固めた。小口の証券運用を優遇する「少額投資非課税制度」(NISA)は18歳から利用可能になる。相続を受けた未成年者の税を軽くしている措置の適用は狭まる。2019年度税制改正大綱に盛り込み、改正民法に合わせて22年4月に施行する。

 NISAは株式、投資信託などの売却益や配当を非課税にする制度。年120万円までの投資が5年にわたり非課税になるほか、年40万円を限度に20年間運用できる「つみたてNISA」などがある。