トランプ氏最側近を聴取か ロシア疑惑、司法妨害巡り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ケリー米大統領首席補佐官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米大統領選にロシアが介入した疑惑で、モラー特別検察官の捜査班がトランプ大統領最側近のケリー大統領首席補佐官を事情聴取していたと、CNNテレビが7日報じた。複数の関係者の話としている。聴取が伝えられたホワイトハウス当局者の中で最高位。トランプ氏がモラー氏解任を側近に指示したとされる問題など捜査への司法妨害を巡る内容だったという。

 モラー氏側は近く、詐欺罪などに問われたトランプ陣営の元選対本部長マナフォート被告とトランプ氏の元顧問弁護士コーエン被告について、求刑などに関する文書を裁判所に提出し、捜査状況を明らかにする見通し。