3私大医学部で不適切入試

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で頭を下げる岩手医科大の祖父江憲治学長(右)ら=8日午前、盛岡市

 岩手医科大、金沢医科大、福岡大の私立大3校が8日午前にそれぞれ記者会見を開き、医学部の入学試験や編入試験で、長期浪人生に加点しないなどの不利な得点操作をしたり、地元出身者を優遇したりしていたと発表した。医学部入試を巡っては、東京医科大や昭和大、神戸大で不正な得点操作などが既に判明。地方の私立大でも不適切な合否判定が横行している実態が明らかとなった。

 福岡大は調査書評価の際、現役、1浪生に加点したが、2浪生以上は加点しなかった。金沢医大は地元出身者に加点などをしていた。岩手医大は、総合評価で不合格者より評価が低い受験生1人を追加合格にしていた。