三重知事側に350万円寄付 雇い止めのシャープ下請け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 三重県の鈴木英敬知事

 シャープ亀山工場(三重県亀山市)で働いていた日系外国人労働者を大量に雇い止めしたシャープの3次下請け会社の経営者らが昨年、同県の鈴木英敬知事の後援会に計350万円を寄付していたことが8日、分かった。鈴木氏は同日、県庁で記者団に「道義的な観点から返還に相当する対応をしたい」と述べた。

 「すずき英敬後援会」の政治資金収支報告書によると、寄付をしたのは下請け会社の経営者ら3人。雇い止め発覚前の昨年8月24日に2人が150万円ずつ、1人が50万円を寄付した。

 鈴木氏は「(3人のうちの1人を)昨年8月に支持者から紹介され、その後、寄付があった」と説明した。