7歳男児ひき逃げ疑いで男逮捕 埼玉県狭山市

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 埼玉県狭山市の県道交差点で小学生の男児(7)が7日午後にはねられた事故で、狭山署は8日、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで、同県朝霞市、会社員吉田信介容疑者(40)を逮捕した。

 同署によると、男児は頭を強く打ち、当初意識不明の状態だったが、現在は意識が戻り命に別条はないという。

 逮捕容疑は7日午後4時35分ごろ、狭山市堀兼の県道交差点で、無免許で乗用車を運転し、横断歩道を歩いて渡っていた市内に住む男児をはね、けがを負わせて逃走した疑い。