奄美中1自殺、不適切指導が原因

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 鹿児島県奄美市の中1男子生徒が自殺した問題で、第三者委からの調査報告書を受け取る朝山毅市長(右)=9日午前、奄美市役所

 鹿児島県奄美市で2015年11月、市立中学1年の男子生徒=当時(13)=が自殺し、経緯を調べていた市の第三者委員会は9日、担任の不適切な指導が原因だったとする調査報告書を市に提出。生徒が同級生に嫌がらせをしたと担任が誤認し、事実確認が不十分なまま指導をしたと指摘。校内の指導が担任に集中していたことを問題の背景に挙げた。

 報告書によると、15年11月4日、同級生が「嫌がらせを受けている」として登校できず、担任が生徒を含む5人を校内で指導。生徒に思い当たることはなかったが「(同級生の)話を最後まで聞かないことはあった」として、担任に促される形で直接謝罪した。